KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

マイニング用パソコンを自作した - パーツ紹介 -

以前から興味のあったパソコンの自作を計画していたのですが、昨今のビットコイン高騰の話題性もあり、せっかくなのでマイニング用のパソコンを自作してみることにしてみました。

今回はマイニングパソコン用に用意したパーツを紹介します。
なお、私はパソコン自作も仮想通貨関連も素人なので、実際に組まれようとされる方は他のサイトも参考にしたほうがいいと思います。

マイニングに必要なパーツ類

マザーボード

www.asrock.com

マイニングで重要なグラフィックボードを繋ぐためにはPCI-Eスロット数が重要らしいです。このマザーボードは13スロットあるのでグラフィックボードを13枚まで積めるようです。

ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+

ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+

グラフィックボード

www.asus.com

購入したマザーボードはグラフィックボードを13枚まで積めるそうですが、予算的な関係で初めは3枚で組むことにしました。赤字にならないようであれば徐々に積み増していこうと思います。

CPU

マイニング自体はグラフィックボードで行うのでCPUは安いのでいいそうです。ほとんどのサイトで紹介されているこれを選びました。

私は購入してから気づいたのですが、このCPUは「LGA1151規格」というものであり、マザーボードによっては合わないこともあるそうです。上記のマザーボードでは対応していました。

ライザーカード

パソコン自作をしたことが無いせいか初めて聞くパーツでした。どうもマザーボードとグラフィックボードを接続するのに使うようです。グラフィックボードの枚数分購入しました。

粗悪品を買うと火事になる危険性があるらしいので評判が良いものを選びました。

電源

www.links.co.jp

電源は80PLUSという6段階でランクされており、マイニングでは「GOLD」以上のものを選ぶことが推奨されているそうです。また、後々グラフィックボードを積みますことを考え1000wのものを選びました。

SSD

マイニングにSSDやHDDは関係ないので何でもいいのですが、他の人が使用されているSSDにしました。HDDでもいいのですが、HDD自身が熱を発生させるので少しでも熱を抑えるためにSSDにしました。容量は120GBですが、ここまでの容量は不要です。

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

メモリ

メモリもマイニングには不要なので安いやつでいいそうです。私は4GBのやつを1個にしましたが、人によってはメモリ不足の表示が出たりするそうなので必要であればもう1つ購入しようかと思います。

OS

OSはWindows10を選択しました。本当はethOSというマイニング用のOSを使用してみたかったのですが、マイニングパソコンを初めて組む人向けの記事が見当たらなかったので今回は見送りました。次に自作する機会があるときにはethOSに挑戦したいと思います。

Microsoft Windows 10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (旧品)|

Microsoft Windows 10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (旧品)|

マイニングリグ

自作パソコンでいうところのケースのことですが、マイニングでは複数のグラフィックボードを搭載する関係で通常のPCケースではなく、マイニングリグという機材に各種パーツを取り付けていきます。ビットコイン高騰の影響か、私みたいに初める人が多いようでマイニングリグが品薄になっているようです。ラックを利用したり、マイニングリグを自作する人もいるようですが、今回は初めてなので市販のマイニングリグを購入しました。

初期費用

種類 商品名 個数 単価(税込)
マザーボード H110 Pro BTC+ 1 15,981
グラフィックボード DUAL-GTX1070-O8G 3 53,622
CPU G3930 1 4,838
ライザーカード ライザーアダプターカード 3個セット 1 2,460
電源 RM1000x 1 23,180
SSD WDS120G1G0A 1 7,180
メモリ CT4G4DFS824A 1 5,409
OS Windows10 Home 1 18,120
マイニングリグ マイニングリグフレーム 1 19,000

合計で273,015円でした。他に必要であればPCディスプレイやキーボード等を用意する必要があるので、人によっては30万円くらいは予算を準備したほうがいいかと思います。

次回からは実際に組み立てていきたいと思います。