KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

現在完了の用法と過去形との違い

先日の記事に書いたように私は現在レアジョブ英会話を使用しています。

www.kato-eng.info

レアジョブ英会話ではフリーカンバセーション(自由に会話)ができないレベルの人のために教材も用意されています。私も教材を利用しているのですが、その中で現在完了形の練習があったので、記憶に定着させるためにここに書き記します。

現在完了形の使い方

現在完了形は単純に日本語で考えると「…していた」と訳せます。

英語では

have[has] + 動詞の過去分詞形

と表します。

過去形との使い分け

過去形との使い分けには注意が必要です。時制で考えると過去形は現在から見て、過去にあった出来事を話す場合に使います。過去完了形では過去にあった出来事が「現在」に向かって迫ってくるイメージがあります。現在完了形は過去にあったことが「現在」まで続いているときに使います。

「私は5年前日本に住んでいた」という言葉を英語にする場合には下記のような訳をすると思います。

I lived in Japan five years ago.      [過去形]
I have lived in Japan five years ago. [現在完了形]

この場合、過去形だと「5年前は日本に住んでいたけど今は違う」というニュアンスになります。現在完了形だと「5年前から日本に住んでいて、今も住んでいる」というニュアンスになります。

現在完了形の4つの用法

現在完了形は大きく分けて4つの用法があります。

「経験」を表す

「私は○○を使ったことがある」「私は○○に行ったことがある」といったことを表すときに現在完了形を使えます。

「経験」の例文

Ⅰ. I have used a laptop before.

私は以前ラップトップPCを使ったことがある。

Ⅱ. I have tried ride a bycycle.

私は自転車を乗ることに挑戦したことがある。

Ⅲ. He has visited my house already.

彼は以前私の家に来たことがある。

「変化」を表す

「○○になったので△△が□□になった」「○○をしたので△△が□□になった」といった時間の経過に伴う変化を表すときに現在完了系を使えます。

「変化」の例文

Ⅰ. My nephew has glown seven cm since I last saw it.

私の甥は前に見たときより7センチ大きくなった。

Ⅱ. The tree has grown bigger since we used the fertilizer.

肥料をつかったので木が大きく育った。

Ⅲ. The pond have dried up since summer started.

夏が来たので池は枯渇してしまった。

「未完了」の動作を表す

「○○は△△をまだしていない」といった未完了の動作を表すときに現在完了形を使えます。

「未完了」の例文

Ⅰ. The tree still has not produced fruits yet.

木はまだ実をつけていない。

Ⅱ. I have not pulled out the weeds yet.

私はまだ雑草を抜いていない。

Ⅲ. He has not done homework yet.

彼はまだ宿題をしていない。

「反復」して行われる動作を表す

「○○を2回△△しました」や、ある一定の間隔で反復して行われる動作を表すときに現在完了形を使えます。

「反復」の例文

Ⅰ. We have planted and harvested fruits this year.

今年は果物を植え付けして収穫した。

Ⅱ. She has used this towel twice.

彼女はこのタオルを2回使った。

Ⅲ. We have tried several fertilizers.

私達は数種類の肥料を試してきた。