KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

取得したドメインをDNSネームサーバーに登録させる

前回の記事で独自ドメインでConoHaVPSのWebサーバーにアクセスできるように設定しましたが、時間が経っても一向にnginxのWelcomeページが表示されないので、再度調査を行ったところ、不足していた作業があったので、再度ConoHaのVPSで構築したWebサーバーに取得した独自ドメインでアクセスできるように設定します。

www.kato-eng.info

ConoHaコントロールパネルでドメインを登録する

ConoHaにログイン後、左側のメニューから「DNS」をクリックするとドメインを登録する画面が表示される。

「プラス」マークのボタンを押し、ドメインを登録する画面を表示させる。

f:id:masayuki_kato:20170525010029p:plain

「ドメイン名」には取得したドメインを入力する。

GeoDNSは「無効」のままにしておき「保存」ボタンを押す。

次はConoHaVPSのDNSにタイプA(IPv4アドレス)のDNSレコードを追加する。

f:id:masayuki_kato:20170525010425p:plain

  • タイプ
    • A(通常)
  • 名称
    • www
  • TTL
    • 空白 or 3600
    • 事前に確認しておいたVPSのIPv4アドレス

登録が完了するとドメインリスト上から確認を行うことができる。

f:id:masayuki_kato:20170525010810p:plain

この時、最初から存在しているタイプが「NS(ネームサーバー)」レコードの値をメモしておく。

※ お名前.comのネームサーバーの変更時に利用します。

お名前.comでネームサーバーの変更を行う

「ドメイン設定」タブを選択し、「ネームサーバーの設定」配下にある「ネームサーバーの変更」をクリックする。

f:id:masayuki_kato:20170525011143p:plain

「ネームサーバーの変更」画面が表示されるので、変更対象のドメインのチェックボックにチェックを入れる。

「他のネームサーバーを利用」ラジオボタンにチェックを入れる。

画面を下の方までスクロールすると下記のように「ネームサーバー情報を入力」画面が表示される。

f:id:masayuki_kato:20170525011606p:plain

ConoHaのドメインリストに表示されている、「NS」レコードの値3つを画面のように入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックする。

f:id:masayuki_kato:20170525011838p:plain

確認画面が表示されるので、「設定する」ボタンをクリックする。

f:id:masayuki_kato:20170525012123p:plain

ネームサーバーの登録が完了した旨の画面が表示される。

この後、2時間程でDNSに登録されたようで、nginxのWelcomeページが表示されるようになりました。

f:id:masayuki_kato:20170525012255p:plain