読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

Xcodeがアップデートできないときに試したこと

プログラミング

f:id:masayuki_kato:20170222234619j:plain

先日、MOSA主催の「iOS/macOSアプリ開発ハンズオンセミナー」に参加してきました。

今回はセミナー参加の準備で環境構築に手間取ったことを書きます。

www.mosa.gr.jp

MOSAとは?

その前にセミナーを主催している「MOSA」について調べました。

MOSA - Wikipedia

母体となる団体がMacintoshプログラマを支援する任意団体のため、Macintosh市場との関係が強いそうです。

近年ではiOS開発関連のイベントやセミナーに力をいれてるようです。

Xcodeがアップデートできない

セミナーがハンズオン形式のため、講師の方と同じ開発環境の準備をしました。

環境構築前 環境構築後
macOS Yosemite Sierra
Xcode 4系 8.2.1

最初はmacOSのアップデートは考えておらずXcodeのみをアップデートするつもりでしたが、冒頭で記載したようにXcodeのアップデートができませんでした。

Xcodeのアップデートが完了するまでの出来事を時系列で書いていきます。

1. App Storeの「アップデート」からアップデート

MacApp Storeの「アップデート」タブからアップデートしようとしましたが、Xcodeがアップデート対象になっておらずアップデートできませんでした。

2. App Storeの「購入済み」からアップデート

MacApp Storeの「購入済み」タブからXcodeを選択し、ダウンロードしようとしましたが、App Storeでダウンロードしようとしているマークは出ているのですが、一向にダウンロードが開始される様子はありませんでした。

3. AppleのDeveloperサイトからXcodeのxipファイルを取得

  1. AppleのDeveloperサイトからXcodeのページにアクセスする。

  2. ページ下部に「See more downloads」というリンクをクリックする。

  3. リストから「Xcode 8.2.1」を探し「Xcode 8.2.1.xip」ファイルをダウンロードする。

f:id:masayuki_kato:20170224005045p:plain

ダウンロードしたxipファイルをダブルクリックして「Xcode.app」ファイルを取得しようとしたのですが、下記のエラーが出てファイルを取得することができませんでした。

cipo read error: Undefined error:0

4. macOSのバージョンを上げる

エラーの原因を調べたところ、macOSのバージョンが古いことが原因と判明しました。

私の現在のmacOSは「Yosemite」だったので、最新の「Sierra」にアップデートしたところApp Storeの「アップデート」にXcodeが対象として出てきたため、アップデートすることができました。

まとめ

macOSのバージョンを上げることでXcodeのバージョンも上げることができました。

しかし、macOSのバージョンを上げることで失ったものもありました。

それについてはまた、記事にしたいと思います。