KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

システムトレード

ConoHa APIをつかって「お知らせ」を定期的に確認する - 実装編 -

前回は使用するConoHa APIの詳細について調査しました。 www.kato-eng.info 今回は実際にプログラムの内容について解説していきます。

ConoHa APIをつかって「お知らせ」を定期的に確認する - API 調査編 -

以前にもブログに書いた通り、株式分析基盤はConoHa VPS上で稼働しています。 www.kato-eng.info VPSのような他社リソースを使用する場合、メンテナンス情報や障害情報を定期的に確認する必要がありますが毎回ConoHaにログインして「お知らせ」を確認するの…

日経平均と各日本株式との相関係数を算出するスクリプトを作成した

相関係数とは2つのデータ間にどれくらいの関係性があるかを示す指標として使われます。 KABU+では前日終値からの変動比率が取得できるので、日経平均株価と各日本株式との終値の変動比率の相関係数を算出すれば、日経平均と同じような値動きをするものと、逆…

Pythonで日本株の月次平均収益率を算出するスクリプトを開発した

これまでの開発でKABU+から様々なデータを取得できるようになったので、そろそろデータの活用をしたいと思い適当な統計指標を探していたところ、下記の本に記載されている「月次平均収益率」が簡単で有意義な統計指標だと感じました。 完全独習 統計学入門作…

Pythonスクリプトのリファクタリングを実施した

前回の記事でお伝えした通り、開発状況をGitHubに公開するようにしましたが、ソースコードは動けばいいというような感じでコーディングしていたので見映えがあまりよくありませんでした。 今回は既に運用している、「KABU+からCSVファイルを日次でダウンロー…

システムトレード開発基盤の開発状況をGitHubに公開します

現在システムトレード開発基盤を構築していますが、今まではスクリプトにデータベースアクセスユーザのパスワードや、接続している外部サイトのID・パスワードをスクリプトにベタ書きしていたためGitHubに公開することができていませんでした。 上記のような…

Pythonスクリプトの成否をSlackで通知する

これまでPythonで作成したスクリプトにロガーを仕込んでいましたが、毎回sshでサーバに接続して確認するのが億劫だったのでログと同時にSlack通知するようにしました。

KABU+で取得したデータから日経平均株価の回帰分析を行う

前回まででKABU+から取得したCSVファイルをもとにデータベースへのインポートまでを行いました。 今回からはインターネットから取得したデータを利用して実際に株価の分析を行ってみました。 www.kato-eng.info www.kato-eng.info www.kato-eng.info

KABU+で取得したCSVファイルをデータベースにインポートする

前々回KABU+で株価データのCSVファイルを取得しましたが、CSVファイルのままだとデータの加工や集計に不便なのでデータベースを作成することにしました。 www.kato-eng.info 現在CSVファイルの取得はConoHaのVPSを利用しています。VPS上にデータベースソフト…

KABU+で取得したCSVファイルを定期的に圧縮する

前回KABU+で株価データのCSVファイルを取得しましたが、そのまま保管しているとサーバーのストレージ容量を圧迫してしまうので年月ごとにzip形式で圧縮するスクリプトを作成しました。 www.kato-eng.info

KABU+で過去の株価データを全て取得する

株のシステムトレードを行うために株価データを取得する方法を探していたところ「KABU+」というサイトが良さげでした。 kabu.plus こちらのサイトは有料サービスですがStandardプランで月額1080円で安定して株価や投資指標のデータを取得できるのが良いです…