KATOエンジニヤリング開発日誌

「アウトプット無きエンジニアにインプットもチャンスも無い」の精神で書いています

なぜImpalaではなくHiveを使い続けるのか

社内勉強会で表題の件について調査を行なったものをSpeaker Deckに公開したのでこちらにリンクを貼っておきます。

目次

  1. 調査動機
  2. おさらい(Hive)
  3. おさらい(Impala)
  4. HiveとImpalaの比較
  5. 一旦結論
  6. Clouderaの今後のHiveへの対応
  7. Hiveを高速化する方法について
  8. 結論と提案
  9. 参考資料